las tonterias de una soñadora

カテゴリ:あくまでお仕事( 19 )




セミナー

大阪まで、某出版社のセミナーに行ってきました。
会社では、休みをもらうのがやっとで、
有給も、出張費も出やしないっ。
おまけに、前日は早出で23時まで働いて、その前日は、早出…
めちゃくちゃな会社に入っちゃった。

ま、ともかく。
児童書の版元さんで、
作家さんを招いての、お話。
ちょっとおばさんで、生活の中から題材…を、
雑談で。
あとは、編集長さんが、にこにこしながらお話。
「虹の上を飛行機が飛んでいたけど、上からみたらどうなの?」という
子どもの疑問から本ができた、
作家さんとのやりとり…などなど
3時間、お尻がむずむずしたけど、なるほど、と思う話でした。

これを活かすかどうかは…
自費だしね。

なんとか2連休中を取らせてもらったので、
その後、神戸で友人宅に泊まらせてもらって、
翌日は、大阪で母と待ち合わせ。
母の、問屋巡りの荷物持ち。

久しぶりに、2連休。
明日からまた、地獄でありますが。

f0113136_10233736.jpg問屋で、
襟巻きを買いました。
人間用なんですが。
ちょっとした、ライオン。

チョットシタパーティーッテ、イツアルノ?
[PR]



by koumetantotonta | 2007-10-31 23:14 | あくまでお仕事 | Comments(0)

ビン好きにはたまらないお仕事

新しく入った会社の配属先が決まるまで、
ここひと月、系列のビデオレンタル屋で研修をしていました。

レンタル屋なんて、高校生の時以来ですが、
見た映画、見たい映画がたくさんあったり、
10歳年下の子とは見ている映画や好きな俳優が
お互いちんぷんかんぷんだったりして、
それはそれで楽しんだひと月でした。

そのなかで、新作はもちろんだけど、
人気が高いのは、「24」「プリズンブレイク」といったTVドラマものと、
韓流ドラマ。そして、アダルト。

友人やメルヘンのお客さんにも、韓流ドラマを見ている人がいて、
ちょっと、
「ぷぷっ」って、申し訳ないけど、笑っていました。
しかしながら。先輩社員さんが、
「韓流バブルっていってもいいぐらい、すごかったわよ~」。
売り場面積もかなりのもので、それはそれは、すごい。

だいたい、ファンが現れるのは、10時開店から、12時ぐらいまで。
大阪おばちゃん風の、ゆるいパンツ。でも、ちょっとお化粧。
そして、しゃがみこんで、パッケージをまじまじ。

たいがいのドラマは、1巻から10巻近くまであるんだけど、
中途半端に5巻だけレンタル中だったりすると、
「なんでこんな半端なんよ。いつ返ってくる?」と訊いてきます。
「ちょっとわかりかねますが、予定ではいついつで…」と答える内心は、
「知らんがな。1週間で200円やったら、あんたも1週間まるまる借りるやろ」、と
思ったりして。

たいがい、そうだと思う。

そして、お会計時は、風水の黄色い財布…

きついわぁ。

と、韓流ファンは、オーバー50だと勝手に思い込んでいたら、
37~50、はたまた28のパートさんまで、ファンなのです。
「アレも見てこれも見て、はじめはもちろん冬ソナやったけど、なぁ」。

聞いてないって。

棚を整理していると、「これがな、今ハマってる、ヒョンビン。
ヒョンビン、な。覚えた? はい、言うてみて。
はい」

勝手に、ヒョンビンすり込みがはじまります。
刷り込まれても、私にとっては、寝る前とか、お風呂とか、どうでもいいときに
思い出す、暗号みたいな名前ばかりで。

「前はな、ウォンビンがよかったんやけどな。
今はやっぱり、ヒョンビン」って。

「えらいビンが好きなんですねぇ。
土瓶とか、尿瓶、とか」
「まぁ、尿瓶はいらんけど、な」

そういえば、以前いた会社の先輩は
ジョディーフォスターと
ジョニーデップが好きで、
「ジョ、が好きなんですねぇ。
ほな、焼肉は、叙々苑?」とか話したことがあるなぁ。

ま、ベタなことはよしとして。
レンタル店のお仕事も、そこそこ、楽しかったです。
[PR]



by koumetantotonta | 2007-09-21 21:19 | あくまでお仕事 | Comments(0)

連日の

お仕事していて、どうも視線を感じるなぁ…と思ってたら、
10年前、初めて働いたところの、バイト君でした。

おっさんになったわぁ(ってか、私がおばはん)。

当時は某書店で、契約社員をしていたのですが、
文庫・新書担当で、一緒に組んでいた、彼。
身長、確か、183センチとかで、高いところの本を取ってくれて、
棚の向こう側から本を取ってくれて、
天井の、火事のときに水が出てくるアレにも届いたりして、
シャワーもできますなんていったりして、
なかなかよい子でした。
今は結婚して、近々、古本屋さんを開くらしい。

当時、オートバックスに就職内定していたし、
そんなに本好き、タイプじゃなかったと思うんだけど…
古本屋さんのおやじになるんだね。
すてきやねぇ。

思い出せば、文庫・新書担当は、私より数ヶ月先輩、1歳年上の
人がいて、彼女も契約社員だったにもかかわらず、
こき使われていた、私と、バイト君。

今日、「Oさんの下で、働きましたよねぇ」って言われて、
思い出して笑っちゃった。
だって、Oさんも社員じゃないわけだし、下も上も、ないんだよねぇ、ほんとは。
「きつかったよねぇ。おかげで、二人でよくやったよねぇ」。

10年前ねぇ。
あんなこともあったなぁと思いつつ、
Oさんの名前を忘れていたことを思い出しました。
そして、バイト君の名前も忘れていることを思い出しました。
[PR]



by koumetantotonta | 2007-08-19 23:54 | あくまでお仕事 | Comments(0)

地元で働くということ

地元で働くのは、8年ぶり、ぐらいかなぁ。
研修中の場所で先輩と少しずつ話をするようになったら、
ものすごく近所の方が多くて、
「そういえばおじいさんに似てるわぁ」と言われたり、
「(甥っ子と)子ども会で一緒だったわよ」とか言われたり、
3つほど年上で、お嫁にいっても近所に住んでる方とか、
けっこういることにびっくりしてしまいます。
ま、狭い田舎だから、当たり前なんだけど。

今日は、「○○ちゃう?」って、いきなり名前を呼ばれました。
いつものことながら、向こうは私だと思って声をかけてくれるけれど、
私は、ちっともわからなかったり。
ま、外見が変わってないからねぇ。

その友人は、中三の春、ファーストキスをした相手であります。
キス、っちゅうても、走ってきた勢いで抱きついたら←中学生で、よくやる程度よ
顔を避ける方向が同じになってしまって、勢いで、「ぶちゅぅ」。
ちょうど潮干狩り遠足の、バスを下車したところで、
ギャラリーはいっぱいいたわけで。
ちょっとヤンキー入ってたけど、気持ちがいいぐらい
明るくて、いい子でした。
そんなこんなで、15歳の卒業から25歳で同窓会で会い、
35歳の夏で、再会。
いろいろあったみたいだけどね。

偶然、もう一人の同級生と来ていて、
その彼女は、私と体型が似ていたから、双子だとか言われてました。
高校卒業後、プロゴルファーを目指してキャディーをしていて、
父がラウンドしたときに偶然あって、話をしたらしい。
結局プロの夢はそう甘くないとあきらめてしまったらしいけど。

みんな、いろんなことがあったんだねぇ。
私も、「昼間働いて、家でワンコのウ○チとってるわ」なんて。
「あいかわらずおもろいことしてるなぁ」と。

あいかわらず、かぁ。
ま、学生のときから、冗談ばかり言ってるしね。
10代最後で地元から離れたものの、知った顔が、元気で、
覚えててくれて、話ができて、些細なことだけど、
それはそれでうれしいもんです。
[PR]



by koumetantotonta | 2007-08-17 23:35 | あくまでお仕事 | Comments(0)

帰りました

長野から戻りました。
今年は雪が少なかったとはいえ、冠雪しているアルプスは、
まるで、
よ~ろれいひ~

漆の職人さんの様子は、とりあえずはこちらで簡単に。
週末おうちにこもってレポート仕上げます。

ところで。宿泊は、松本市でした。
松本といえば…そう、草間彌生の生誕地ですね。
市立美術館前には、巨大なオブジェがある…

見なきゃ。
と思い、夜、一人で、てくてく。
f0113136_22565394.jpg

ぢゃ~ん!

何も言うことありません。

しばらく見入って、写真。

やなちゃん、こんな感じよ。
[PR]



by koumetantotonta | 2007-03-02 22:58 | あくまでお仕事 | Comments(0)

かぶれてきます

明日から、信州へ行ってきます。
漆の職人さんの職場の写真を撮ってきます。

先に読んだ、漆の神様松田権六さんの本によると、
かぶれたら、
サワガニの汁がよい、らしい。

サワガニ…

この季節に…

唐揚げに…

ま、とにかく。

行ってきま~す
[PR]



by koumetantotonta | 2007-02-28 22:51 | あくまでお仕事 | Comments(0)

幾度目かの決意

ブリキのちりとりを、かなづちでこんこんする
にわか職人だった、今日のお仕事。

金髪の外国のお客様がいらっしゃいました。
うわぁ、どうしよ
死んだふり 職人のふり…をしていたら
日本語 ぺらぺら。

お話を伺うと、ブラジルの方。
名刺を交換すると、

農学博士
利き酒士  って、肩書。

ブラジルで、日本酒を販売したいとかで、
食器やてぬぐいといった、日本的なものをお探し、とのことでした。

てぬぐい 日本酒…ツボですな、こりゃ。

振り返ると。
姫路で働いていたときは、播磨に酒蔵がいっぱいあるのを知り、
「播磨 呑み歩き」はどうでしょ? と企画を出したことがあります。
(誰が運転する? お前は(私、ね)は、呑めばわけがわからなくなる、みたいな理由でボツになりました)
その会社を辞めるときに開いてもらった送別会で、
好きな日本酒呑んでいいよ、と言われて
「奥播磨!」と、720ml、7,000円ぐらいを、手酌であけました。

そんな、播磨の地酒、「奥播磨」好き。
なので、「ご存知ですか? 原料米の山田錦の産地も近いんです」と言うと、
「シッテマスヨ~ アノアタリハドウノ コウノ」って、
ものすごく、ご存知なんですけど、ブラジルのお客様。

ま、私があまり知らないのですが。

お客様は、日本酒だけでなく、日本の道具にもすごく
興味があったみたい。
こういう方にお会いすると、きちんと説明しきれない自分がとても
恥ずかしくなります。
日本人なのにね。

そして、と。
先日来店された、韓国からのお客様から、ファックスが。
一度福岡のお友達のところに荷物を送り、そこから、韓国の
お店へ送るそうなんだけど、
「荷物が届かない」、とな。

こりゃあ困りました。
韓国語、わからんし、お客様は、日本語がちょっぴり。
いただいファックスは日本語で書いてありますが、
「運送屋の 『しかばね番号』を教えてください」って書いてあるのですわ。

しかばね番号。死体番号。なにをどう間違えて訳したんだ?

果たして。トンチンカンな私に何ができるよ。
「チャングム」狂の先輩に韓国語を聞いても、料理名じゃ通じないし。

ということで、英語。
その前に、運送屋さんに配達状況を調べてもらい、
福岡のお友達にも、確認の、電話。
お友達も韓国の方で、正直、日本語が…
要するに、お友達さんが、福岡の家をあけており、荷物を受け取って
いないとのこと。

それを説明するため、国際電話、0033。

「ほじゃほじゃ」←韓国語
もう、やけっぱちで、「ハロー アイアム ○○の屋」って、始めちゃう。
これこれで それそれで…って、どうにかこうにか、説明。
先輩も、心配そうに見てくれています。

で、結局。
運送屋さんの電話番号と、問い合わせ番号をファックス。
そのファックスの文面も、どう書くよ…
単純な決まり文句も間違う始末。

なんとか、解決しました。

槇原敬之の『ハトマメ』じゃないが、
英語を習うと 決めたのさ~

って、何度目やねん。
[PR]



by koumetantotonta | 2007-02-22 21:35 | あくまでお仕事 | Comments(0)

ギフトショウ

ビッグサイトで開かれているギフトショーに
一日、立ってきました。

以前から一度やってみたかった、
「てぬぐいシャツを着て、てぬぐいをすすめる」を
勝手に実行。
ただし、後半の「すすめる」の部分は、
ほかのアイテムについて、になりました。

そして。
思わぬつながりで偶然ご来店、「あっ」ってことや
思いっきり地元のお客様が偶然ご来店、「メルヘンさん知ってます」ってことで
けっこうな、ハプニング続きの一日でした。

もちろん、これまでのお客様や
新しいお客様とお話できたことも楽しかったのですが…

正直、ああいう場所はとても苦手なので
どうしよう…だったんだけど、行ったら行ったで
楽しんでしまったり、勉強になったり。

それは、日々の仕事でも同じだと、改めて、修身。

修行は続きます。
[PR]



by koumetantotonta | 2007-02-15 23:23 | あくまでお仕事 | Comments(0)

舞う。

今日はとにかくてんてこ舞いを踊った、一日。
足がぱんぱん。
帰りは先輩と、かの「王将」でラーメンセット。
おなかもぱんぱん。
しかし辛かったのか…
のどがからからです。
[PR]



by koumetantotonta | 2007-02-13 22:22 | あくまでお仕事 | Comments(0)

久々の所場の空気は

久しぶりに出勤でした。
土曜日は、電車はそれほど混んでいなくて
すいすいです。
2日ほど、おうどん生活で、あまりお腹が空かなかったけれど
体を動かしたら、さすがにお昼はお腹が空きました。
でも、やっぱり、おうどんで済ませました。
怖いしねぇ。
夜は、きしめん。

ほんとは恵方巻が食べたかったねんけど、なぁ…
[PR]



by koumetantotonta | 2007-02-03 23:57 | あくまでお仕事 | Comments(2)

思ったことを 少しずつ
by koumetantotonta
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

はるばると… 下のほう..
by koumetantotonta at 22:15
ススメ!和風生活さんから..
by はじめまして。 at 17:27
ハンセイシテルワ
by あんこ at 21:41
アッ・・・痛ッ・・・お風..
by jamaicancooking at 22:21
もっとウケルのが、 み..
by koumetantotonta at 23:20

検索