las tonterias de una soñadora

カテゴリ:ウクレレ修行( 18 )




ケロミン

『大人の科学』の付録に、
ついに、
テルミンが!

別に待ってないけど。

ついでに、学研のネットショップを見ていたら、

まさかの「ケロミン」!

パペット型の、電子楽器。

めっちゃ欲しい。

f0113136_1114117.jpgこちらから詳しくどうぞ
[PR]



by koumetantotonta | 2007-10-01 01:14 | ウクレレ修行 | Comments(0)

BEST HIT UK!

f0113136_0312372.jpgまたまたこんなCDが!
ライク・ア・ヴァージンに、タイム・アフター・タイム、カーマは気まぐれ…
私は、スリラーがよかったわ。

こちらから、試聴できます

ライク・ア・ヴァージンの、「ふぉ!」の音、必聴!

たぶん、買う。
[PR]



by koumetantotonta | 2007-09-23 23:29 | ウクレレ修行 | Comments(0)

届く

f0113136_22485269.jpg教則本が届きました。

当然ながら、

ぜーんぶ、

英語…

ぶっぶかぶ~
[PR]



by koumetantotonta | 2007-03-26 22:49 | ウクレレ修行 | Comments(0)

後期のお題は練習済みよ

スケートです。

某選手が、某お菓子会社のCMに出ていますね。
ワンコの名前、好きなお菓子の名前からとったんです~

って理由で。
うちだって、小梅姐さんは、あの、すっぱい飴ちゃんから
とったみたいです(メルヘン母が)。

ただ残念なことに、母はスケートができませんでした。
もしちょっとしたジャンプ、ちょっとしたスピンぐらいができていたら、
今頃、小梅ちゃんのぬいぐるみなんてのもできていたかもしれません。

んなわけないわな。

ウクレレ教室4回目。
熱も下がったし、体調は、良くってよ。

ただ、咳が止まらなくなったらどうしようの不安のために
マスクとのど飴の完全防備。

ほな、休めばええやん。

今日は、エーデルワイスのリズムの復習。
もう、完璧!のはずが、
どうも調子が出ません…

一人だけ、ヘンなところ押さえて、ぽろりぽろり。
レッスンだから、間違えてもいいんですよ~と先生に言われると、
余計に恥ずかしいったら。

続いて、オブラディオブラダの伴奏レッスン。
初見で通す、強引なレッスンが、好き…

あと2回で、前半のレッスンが終わります。
後半の課題曲は、「花」「涙そうそう」「亜麻色の髪の乙女」「アメージンググレース」。

あら。
「涙そうそう」は師匠に教わって、
「亜麻色の髪の乙女」は独学でソロ、やっちゃってるので、
もの足りなくなりそう。

継続せずに本科に進んでもよいそうなので、
クラスに空きがあれば、そちらに移ろうかと。
ただ、面白い先生が捨てがたいのだけど…

雨と咳の不安のため、今日はミロンガに寄らずに
上野の翁庵で、ねぎせいろ。
人形町のねぎせいろのほうが、
そばが硬めで、イカのかきあげもふっくらしていておいしいなぁ。
とかなんとかいいつつ、大盛りをぺろりと平らげました。

ちゃっちゃか帰って、ウクレレの復習と、コンサーティーナのおけいこ。

名前は、
ウクレレ=竹蔵
コンサーティーナ=六段腹 に決まりそうです。

竹レレだし、蛇腹が六段あるから。
[PR]



by koumetantotonta | 2007-03-24 21:54 | ウクレレ修行 | Comments(0)

あるところにはあるものですね

f0113136_239820.jpgじゃーん。
師匠の、コンサルティーナ。
お友達から受け継いだそうで。
私の蛇腹と同じメーカーさんのもの。
でも、ディアトニック式。解説書もなくとにかく弾いてみると、要は、ハーモニカと同じ要領で、ひとつのボタンを押して蛇腹を押せば、ド。引けば、レ。同じように、ほかのボタンを押せば、ミ、引けば、ファ。
私の蛇腹は、クロマチック式なので、ボタン一音は、引いても押しても同じ音。半音も出ます。
どっちがいいのか、一長一短。

そんな中、気になる楽器が。
f0113136_23151815.jpgマトリョミン。
ロシアの電子楽器、テルミンを、これまたロシアのお土産
マトリョーシカに凝縮。
片方の手のひらに乗せ、もう片方の手で、空気を操る怪しいプレイ。
「You Tube」のこちらで見せてもらってください

ツボです。


ところで。
そろそろ、竹のウクレレと、蛇腹に名前をつけなきゃです。
[PR]



by koumetantotonta | 2007-03-20 23:22 | ウクレレ修行 | Comments(0)

こんなことになろうとは…

天邪鬼である。
こんな歳にもなっちゃったから、
とっつきやすく、すんなり楽しめればよいものを、
これまでの経験とか関係ないものを、突然始めたくなるのである。

今年再び始めたウクレレは、フレットがピアノでいうとこうなっていて…というふうに
なんとなく理解できる。
教室でも職場の師匠でも、質問するとなんとかなるし、
安心して続けられる、としよう。

と、それはそれでとても楽しい。
かゆいところに手が届くのは、とても幸せなこと。
その幸せにひたってしまえばよいものが、
それができない性分で…
楽しいついでに、また、浮気心がうずいてしまった。

イギリスのebayで、それはあった。
1900年、それ以前のものらしく、適当に修理してあって
とてもとても、かわいいものだった。
いちかばちかで入札したが、すんでのところで、どなたかが、落札。
落札金額に近い額で入札したから、そこそこ、値段はよめていたのであるが。

落札できなかったけれど、よくよく、考えてみた。
もし私のものになっても、使いこなせるか自信ないし、
もし壊れたら、日本じゃ修理は無理だろうから、悲しいことになりそうである。

そんなことを考えて、結論。
日本で廉価版を買ってみて、
上達したら、本国でもどこでも行って買えばええやん。

ということで。
週末に、ブツがやってきた。
教則本がついてきたはいいが、
それが、
英文の、
コピーなのである。
お店で、「ほかに教則本、とかありませんか?」と訊ねたが、
「日本ではまだないみたいだねぇ」とのこと。

ありゃ大変。
ネットで、偉大なる先人のサイトを見るものの、
教室通いなどなさっていない諸先輩方は、
四苦八苦されてる模様なのであります。

先人に習って、私も四苦八苦しようじゃないか。

ということで、赤点の私、調べてます。

f0113136_2374674.jpgこんな感じで。
教則本っても、音符とか、見ればわかる。
しかしこの際、英語で音楽のお勉強、と思ってとにかく読んでみる。
「value」が出てきて、「ヴァリューセットの、ばりゅう?」ぐらいなレベル。
辞書をめくった。
valueには、「音の長さ」って意味があるのね。

へ~ 知らなんだ。

なんだか困難なほうが燃えるタイプ。

ほかの方からすれば困難じゃないのだろうが…

あとは、練習場所の確保。
週末は、荒川河川敷で練習します。

幸い、周りにこれをやってる方がいないので、
うまくてもヘタでも、たぶん、わからないことが
唯一の利点でもあります。
[PR]



by koumetantotonta | 2007-03-12 23:32 | ウクレレ修行 | Comments(0)

小市民のウクレレ修行

ウクレレ教室、3回目です。
今日のお題は、「エーデルワイス」。
伴奏と、メロディー、両方やっちゃいました。
進行、早っ。

独学では、超テキトーな指使いだったのですが
先生のアドバイスで、左手の指使いを改めてお勉強。
指をムダに動かさず、押さえっぱなし、はずしっぱなしを
考慮して、指を運びます。

なるほどなるほど。

お稽古が終わって、30分のサロンタイム中、
お隣に座っているお姐さんと、自宅での消音について
お話。
「そういえば、音、小さくない? こじんまりしてない?」と
言われてしまう。

ひょ~ 気がつかなかったわ~

小さな小さなアパートで練習しているので、
消音器をつけて、弾くのも、なるべく小さなストロークにしていますが、
その癖がついちゃってたみたい。

小さなお家で育った子は声が小さい
お屋敷で育った子は声が大きい

なんてことを言いますが、まさに…

以後、気を付けま~す

帰りは、御茶ノ水~神保町のミロンガ。
なぜか、ウクレレ教室のあとは、このパターン。
ミロンガで、うふっ、メキシカンジャンバラヤ、食べました。

それから。師匠、例のブツ、手に入れました!

ふふっ

f0113136_2255014.jpgウクレレ教室の帰り。
裏道を歩いてたら、あった、
アパート。

すごく、よい。








f0113136_2285369.jpg門から見えた看板。
え? ここで研究?

階段の前に張ってある各階の表札一覧には女性らしき名前の後に、カッコ書きで、(巴里バーバ)とか。

どない?
[PR]



by koumetantotonta | 2007-03-10 22:11 | ウクレレ修行 | Comments(0)

お教室2回目

ウクレレ教室、2回目。
ストロークの練習と、コードが少々増えました。
曲は、「ハッピーバースデー」と、「大きな古時計」。
あらかじめテキストをもらっていたから、
生徒さん(私も含め)、みんなおうちで練習してたんでしょうねぇ。
一発で弾けちゃってました。
先生もびっくりして(マジで)、このクラス、なんだか進行が早くなりそうです。

がんばって予習せねば、です。

実は、数週間、左手の人差し指が痛くて
「F」のコードが押さえにくくて、押さえても
痛くて痛くてしゃーなかったんですわ。
で、コードを押さえなくてもいいように、ここ数日、
「禁じられた遊び」ばっかり練習してたんです。
おかげで。
指は少し楽になって、「禁じられた遊び」も、ゆっくりだけど
とりあえず弾けるようになりました。

それはそれで、よかった。

自分で好きな曲を練習しつつ、お教室で基礎を教えてもらって。
指の使い方も、教室で教わると、スムーズに。

楽しいねぇ。

お教室を終えて、昨日行った
タンゴ喫茶へ、また行っちゃった。
コーヒーが、うまいったら。
今日は落ち着いて、タンゴを聴きながら読書してきました。
[PR]



by koumetantotonta | 2007-02-24 23:51 | ウクレレ修行 | Comments(0)

楽譜を買いました。

バレンタインデーでしたね。
今日も平常心です。
「ハケンの品格」を見て、大笑いしました。
年中行事に疎い生活をしてますが、なんだか
すっきりやねぇ。

さて。
ウクレレ教室の先生がおしゃってましたが、
アコースティックの楽器って、
弾けば弾くほど、音が楽器に染みて、
買った時の音とは変わってくるそうです。
だから、風邪なんかで体調が悪くて弾けなくても、
「今日は弾けなくてごめんね」って話しかけるだけでも
音のためになるらしい。

ウクレレに話しかける…音楽の先生にありがちな
浮世離れな、と思っていたら、
私の竹レレも、最近、少し、音が変わってきた気がします。
カラカラっとした、乾いた音。
木のウクレレのまぁるい音とは少し
違うかもしれない。

帰りに、楽譜を買って帰りました。
クラシックと、ポップスです。
ウクレレ・ソロ用の楽譜なので、どうやって弾いたらいいのやら。
でもまぁ、見よう見まねでぽろぽろ弾いてみました。

♪さくら~ さくら~

お琴の音っぽいかなぁ…いや、
うどん屋さんのBGM、レコード針飛び状態です。
[PR]



by koumetantotonta | 2007-02-14 23:39 | ウクレレ修行 | Comments(0)

レッスン ワン

やっとこさ、ウクレレ教室が始まりました。
体験教室に参加して、ウクレレ買って、
会社で師匠に教わって、好き放題にかきならしてから約1ヶ月。
改めて、一から。
持ち方、姿勢、指使いなど、ちょっとしたアドバイスで
なんだか楽しくなりますね。
先生(男女ペア)も、なんだかとても楽しいのです。
ボケとツッコミが、いい具合に。
学生のとき、音楽の先生って、
きれいだけど、ちょっと変、な方が多かったけど、
まさに、そういう雰囲気。

ついでに、竹レレもきちんと突っ込んでくれました。
教室はショップ直営なんだけど、そのショップに入荷したとき、
先生も、「気になってたんですよぉ」。
「カラッとした音がいいですよね~」
おまけに、音が狂いにくい、らしい。
確かに。
ちょっとうれしい。でも、音に特徴があるから、ヘタなら目立ちますね、きっと。

ほかの生徒さんは、フルートやってて、チェロやってて、
でも持ち運べて、練習しても迷惑かけない音がウクレレで、
ハワイに行って、ウクレレライブに行ってって、きっかけはそれぞれ。
「職場のみんながウクレレ弾くので…」ってのは、私ぐらいだけど
それはそれでうけちゃった。

目下の目的は…秘するが花ってところで、ひとつ。

教室は、隔週。ちょっと間が空いちゃうね。
[PR]



by koumetantotonta | 2007-02-10 23:26 | ウクレレ修行 | Comments(0)

思ったことを 少しずつ
by koumetantotonta
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

はるばると… 下のほう..
by koumetantotonta at 22:15
ススメ!和風生活さんから..
by はじめまして。 at 17:27
ハンセイシテルワ
by あんこ at 21:41
アッ・・・痛ッ・・・お風..
by jamaicancooking at 22:21
もっとウケルのが、 み..
by koumetantotonta at 23:20

検索